美容家が伝授!美肌をつくる正しいスキンケア術

このコーナーでは、大人のための正しいスキンケア方法を現役エステティシャンでもある美容家石川が伝授いたします。

正しいスキンケア方法とは、本当に肌が必要としているスキンケア化粧品を選んで、正しいお手入れをするというシンプルケアが基本です。

例えば、オイルクレンジングでゴシゴシ洗う。クレンジングしながらグイグイ強いマッサージをしている・・・。 このような間違った自己流ケアを続けていけば、乾燥を促してしまい肌バリアを低下させたり、肌をたるませてしまったりと逆に肌を痛め老化を早めてしまう恐れがあります。

今日から上質なスキンケア化粧品と正しいお手入れを続ければ、まだまだあなたのお肌はきれいになります!


正しい洗顔方法
まだまだダブル洗顔が主流になっていますが、ダブル洗顔はおすすめしません。洗顔料(石けんや洗顔フォーム等)の使用と洗い過ぎにより肌に必要なものまで取り過ぎてしまい、肌バリアを壊してしまう要因になってしまうからです。

日本人の約7割の女性の肌が乾燥傾向にあると言われています。オイリー肌だと思っていたら実は、洗い過ぎによって過剰に皮脂を出し過ぎていたのが原因だったという勘違い肌が実は多いのです。肌奥はカラカラなのに肌表面はテカるインナードライも増えています。

オイルクレンジングは、界面活性剤が多く含まれている傾向にあり洗浄力が強いです。必要な皮脂を取りすぎてしまい肌バリアも破壊してしまう可能性も。落としきれなかったオイルが酸化して肌トラブルの原因にもなります。

シャンプーに含まれるシリコンが肌に与える影響が注目を浴びて久しいですが、ファンデーションやメイク用品にも含まれていることをご存知ですか?毛穴に詰まったシリコンは長い間に毛穴の開きやポツポツ肌トラブルの要因になると言われています。通常のクレンジング剤や石けんでは落とせません。
ディープクレンジングメルトは唯一シリコンを落とすことができるクレンジング剤です。
すっぴん(UVケアもしていない)の時は、クレンジングは必要ありません。ぬるま湯で流すだけで十分汚れは落ちています。石けんで落とせるUVケア製品もクレンジングをすることをおすすめします。いつもすっぴんという方でも、2、3日に一度夜に軽くクレンジングすると良いでしょう。


【朝のお手入れ】
ぬるま湯で流します。お顔にお湯をやさしく当てるように洗うのがポイント。極力手でお肌を触らない。両手を上下に動かして洗うのはNG!

※ぬるま湯とは、36~38℃くらい。目安は水に近い温度で、温かいと感じるのは温度が高すぎです。

※皮脂が気になる方は、軽くクレンジングをしてください。どうしても石けん洗顔をされたいのであれば、よく泡立てた泡をお顔にのせそのまま触らず10秒数えて洗い流してください。

【夜のお手入れ】
クレンジング剤はケチらずたっぷりと使いましょう。少ない量でのクレンジングは摩擦を起こし色素沈着を引き起こします。

目元をしっかりメイクされている方は、目元専用クレンジングで先に落とします。

~クレンジングは手に力を入れないで~
手のひらを下にダランとおろした時の状態をキープしたままの力で指をすべらせます(指先のみ使用)。
お豆腐を崩さず洗うイメージでやさしく洗ってください。クレンジング剤はマッサージ用にできていませんから、マッサージはしない方がいいでしょう。
シャワーのお湯を直接当てて洗い流すのはNG。お湯の温度による刺激と圧力は乾燥とたるみの要因になります。
ディープクレンジングメルトは、どんな方でも肌に刺激を与えず洗うことができるように開発されています。
洗顔後は、清潔なタオルに水気を吸わせるようにそっと抑えるようにして拭き取ります。



ボディケア
正しいスキンケアは、お肌に極力刺激を与えないこと。それは、ボディケアにも言えます。肌を掻いたり、肘をついたり、洋服や下着の擦れ等によって「色素沈着」が起こり黒ずみや乾燥の原因になります。

毎日のケアで知らず知らずのうちに刺激を与えてしまっているのがバスタイムです。ナイロン製のスポンジやタオルでゴシゴシ洗っていませんか?体の洗い方も気を付けないと黒ずみや乾燥肌になってしまいますよ。

おすすめは「手洗い」です。手で石けんを泡立てて軽くなで洗いするだけでも十分汚れは落ちます。

お風呂上がりは必ず保湿をしてくださいね。保湿は一年中してください。夏場、ベタつきが気になるようならクリームではなくローションでもいいですね。高価なものでなくて構いません。

サロンのお客様で70代の方がいらっしゃいますが、とても70代とは思えないような、なめらかなお肌をしています。聞くとずっと体は手洗いをして保湿クリームを欠かさないそうなのです。正しいお手入れをコツコツと続けることの大切さをまさに体現していますね。



Copyright ©2013レ・ヴィーナ All Rights Reserved.